トップページへ
>> 刊行書籍の案内
分派と呼ばれた男

■なぜ党に処分されたのか?■

「分派」と呼ばれた男 “新日和見主義”事件と日本共産党改革案

久保護著

四六判 上製 160頁 定価:本体1,400円+税

「私は分派グループにつながる者として処分を受けた一人であり、当時青年同盟の中央委員、兵庫県委員会の副委員長を務めていた。私は三二歳であった。」……人生の終焉を前に、50年前の事件を見つめ直し、革新政党の未来へ希望を託す。

私が総理大臣ならこうする

■好評重版、アマゾンレビュー話題沸騰!■

私が総理大臣ならこうする 日本と世界の新世紀ビジョン

大西つねき著

四六判 並製 256頁 定価:本体1,600円+税

財政赤字と税金、マネーストックと利回り、経済成長とインフレ・デフレなど、金融の仕組みとカラクリを解りやすく解説。格差拡大の本当の理由から正しいベーシックインカムの条件まで、これからの時代、一人ひとりの自由な生き方を方向付ける政策を提言! 元J・P・モルガンの為替ディーラーが説くお金の仕組みから変える全く新しい国家経営論。

日大全共闘

■貴重な写真を収録■

日大全共闘1968 叛乱のクロニクル

大野正道著

四六判 並製 352頁 口絵16頁 定価:本体2,300円+税

学生運動史上、最大・最強を謳われた日大全共闘。鮮烈に駆け抜けた怒濤の時代を、芸闘委委員長がモンタージュする。50年を経たいまフィルモロジカルに甦る、1968叛乱の原風景。

東大駒場全共闘

■〈政治の季節〉のクライマックス■

東大駒場全共闘 エリートたちの回転木馬

大野正道著

四六判 並製 208頁 定価:本体1,800円+税

1968年春、片田舎の秀才が意気揚々と東大の門をくぐり学生運動の荒波に出会う─新左翼ML派とクラスメート、新宿騒乱と機動隊、東大落城と内務班生活、逮捕また逮捕、そして起訴。19歳で渦中に飛び込み、50年を経て見つけた答えとは…… 今だからこそ語りうる、敗北と再起の回想録。

情報公開と憲法

■行政の隠蔽体質を知ろう!■

情報公開と憲法

保坂展人・三木由希子・荻上チキ・佐藤あずさ著/リベラル日本研究会編

A5判 ブックレット 64頁 定価:本体600円+税

情報公開法施行から15年。自衛隊日報や森友国有地払下げなど、問題が多発しながらいまだに行政が情報秘匿を続けるのはなぜか──行政の首長、主権者、ジャーナリスト、議員、それぞれの立場から問題を縦横に論じ合う、情報を主権者に取り戻す方法とは?

切断ヴィーナス

■重版好評発売中!■

革共同政治局の敗北1975〜2014

水谷保孝・岸宏一著

四六判 上製 448頁 定価:本体3,200円+税

1960年代以来、日本におけるラディカル左翼のトップランナーだった中核派が、テロ・リンチの果て政治的頽廃を重ね、無惨に顚落して行く……。闇の怪人=清水丈夫革共同議長が仮借なくひき剝がされて行く。分裂と崩壊を大胆不羈に剔抉する、痛恨のドキュメント全950枚。

>>詳しくはこちら

切断ヴィーナス

■驚愕と感動のロングセラー■

切断ヴィーナス

越智貴雄著

A4判 カラー 並製 80頁 定価:本体2,200円+税

足を失った女性たちが、義肢装具士・臼井二美男のもとを訪ねる──そこで出会ったのは「血の通った義足」。歩き、走り、跳ねる! 時に妖艶に、時に可憐に、そして時に猛々しく、新たな生を獲得した彼女たちの強く美しい姿を活写した、気鋭のフォトグラファーによる写真集。義足のヴィーナスたち11人の競演。

>>詳しくはこちら

 

 

PAGE TOP